健康的な薄味

ドッグフードとおやつに関して

最近ではペットも家族同様という考え方が主流です。
日頃どんなフードをどれだけ食べているかが愛犬の健康のバロメーターにもなります。
記録をつけるまでいかなくても、毎日の食事のペース、摂取量には気を配り、日頃と変わった様子がないかを見極められる事が大切です。

そうすれば、愛犬の体調の変化に気付き易いので、もしも病気等になった場合でも発見が早くなります。
ペットショップ等には犬用のおやつが売られています。
もちろん飼い主は愛犬が喜ぶのならと、おやつをあげたくなるでしょう。

ドッグフードとおやつ、両方与えるという事には賛否両論あります。
これは、どっちが正解とは言いきれない問題です。
ドッグフードだけにこだわり続けるあまり、栄養のバランスhttp://xn--qckubrc3d4m.biz/が取れないのも困りますし、おやつをあげすぎて総カロリーが把握出来ないのもまた困りものです。

考え方はいろいろですが、躾に効果的におやつを使ったり、栄養の補助目的などで与える場合ならば問題はないでしょう。
なんにしても、愛犬の健康を考えたドッグフードやおやつの与え方を把握して、いつものワンちゃんの様子を観察する癖を飼い主自身がつけておく事が大切です。
そうすれば、両方与えたとしても害はなく、むしろ効果的だと言えるのではないでしょうか。


このページの先頭へ