健康的な薄味

ドッグフードの与え方

ドッグフードの与え方は状況によっていろいろ考えられます。
まず、愛犬の体重や体格によって適正とされる量http://xn--qckubrc3d4m.ws/15.htmlを守る事から始めましょう。

ついついワンちゃんが喜ぶと多めにあげてしまいたくなります。
しかし、それを続けていると体調を崩したり病気になったりしますので、気をつけてください。
適切な量を適切な回数、決まった時間に与える事が健康管理のポイントです。

餌を変更する時も急激に変えないでください。
これまでの餌と少しずつ混ぜながら胃腸に負担のかかりにくいよう慣らして行ってください。

それから、太り過ぎに気がついて、餌の量を減らしたい場合も急激にはいけません。
一週間くらいを目安に少しずつ減らしながら、なるべくゆっくり時間をかけて食べさせましょう。
逆に食事量を増やす時も徐々に変更してください。
食事そのものの回数を増やしていくのも効果的です。

また、案外知られていませんが、水を飲ませるタイミングがあるようです。
ドッグフードと一緒にお水を飲ませるのではなく、食後30分空けてからの方が理想的です。
この方法は胃腸に負担をかけるリスクを低くします。
ただし、ドッグフードのドライフードを水でふやかしたりすると吸収が良くなるといった場合もありますので状況に応じて対応してください。


このページの先頭へ