健康的な薄味

ドッグフードの保存方法 に関して

少量で個包装のドッグフードは、衛生的で良いのですが割高です。
コスト的にも家計に優しいドッグフードの大袋で購入する事も少なくはないでしょう。
しかし、そうした場合に気になるのがドッグフードの保存方法です。
酸化させてしまっては美味しく食べられないでしょうし、水分が多い餌だと腐らせてしまう事も考えられます。

まずはウエットタイプにしてもドライタイプにしても、直射日光を避けて保管してください。
開封前の餌でもなるべく温度変化の激しくない冷暗所で保管しましょう。

餌の劣化は酸化が大きく関係します。
酸化させないために、なるべく空気に触れさせないようにする事がフードを衛生的に保つ事になります。

また、一回分や一日分などの少量をタッパーなどの密閉容器に小分けして冷暗所保存すると良いでしょう。
ウエットタイプの餌ならば、冷蔵庫に入れておくのもおすすめです。
餌は水分に弱いので、冷蔵庫から出し入れする時には温度変化による湿気にも気を配ってください。

どちらにしても餌の保存には限界があります。
安いからといって大量買いしては、結果食べられなくなって廃棄する可能性も出て来ます。
そうなっては、節約にも何もなりません。
愛犬の体格や年齢、食欲等と相談して必要量の餌+αを購入するようにしましょう。

このページの先頭へ