健康的な薄味

ドッグフードを食べない時

ワンちゃんを躾けるのは、子育てにどこか似ています。
公園で出会う犬にも、すごく大人しく落ち着いた犬もいれば、ワンワン吠えてばかりでウロウロと落ち着きのない子もいます。
一見大型犬が落ち着いていて、小型犬になるほど落ち着きがないと思われがちですが、それはあまり関係ありません。

現に、躾のうまく行かなかった犬をドッグトレーナーに預けると、見違えるように散歩が楽になったという話も珍しくありません。
このように、愛犬との暮らしはいかにきちんと躾けられるかが鍵になって来ます。
可愛いワンちゃんがドッグフードを食べないからといって、おやつばかり与えたり、あの餌この餌と好きなものが見つかるまでしょっちゅう変える人もいますが、これは幼児教育と同じ視点で見ると良いでしょう。

特別な場合を除き、ペットはお腹が空いたら餌を食べるものです。
まずは好きなだけおやつを与えていないか、いつもだらだらと食べさせていないかを考えてください。
お皿の餌を食べなくても、決まった時間には下げるようにしましょう。
そうすれば賢い犬はわかります。
なるべく決まった時間に決まった量を与えるようしてください。

また、数種類の餌を混ぜたり犬が好む香りの強いドッグフードだと食欲が増す事があります。
それでもドッグフードを食べないようでしたら、何かの病気の可能性がありますので、かかりつけ医に相談してみましょう。


このページの先頭へ